中日・根尾また離脱にファン疑問視 二軍首脳陣の言い分は

公開日: 更新日:

 中日のドラフト1位新人、根尾昂(19)が右肘痛で18日に遠征先の広島を離れた。17日のトレーニング中に痛め、翌日になっても症状が治まらないため名古屋市内の病院で検査。精密検査も受ける予定だという。試合中に左手指を負傷してから4カ月、一軍のグラウンドがまた遠のいた。

 同じ日、高卒2年目の伊藤康祐(19)も右肘を痛めて緊急帰名したことで、中日ファンの間では二軍の管理体制に対する疑問の声が噴出。4月に一軍デビューを果たした伊藤は6月に左太ももを負傷、先月中旬から二軍戦のスタメンに復帰したばかりだった。

 ただでさえ「中日では高卒の若手が育たない」というレッテルを貼られている。ファンが疑問視するのは当然だが、育てる二軍の首脳陣にも言い分があるようだ。

 超高校級選手として入団した根尾は、1月の合同自主トレで右足を肉離れし、春のキャンプは二軍スタート。甲子園を沸かせた遊撃守備にも粗さが露呈し、基礎練習に明け暮れた。立石巡回野手コーチは「器用にできてしまうところがあるけど、基礎はまだまだ。反応できてしまうというか、センスだけでごまかせてしまう。そこを直すのは簡単じゃない」と、運動能力の高さが逆に黄金新人の足カセになっていると指摘。育成に時間を要することを示唆していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る