シニア初V逃した伊沢利光 “逆球ミス”から学ぶべきポイント

公開日: 更新日:

【ファンケルクラシック】最終日

 観客動員数が10年連続2万人超えの人気シニア大会は、3年連続でプレーオフに突入。P・マークセン(53)が本大会5人目の連覇を遂げた。

 勝ったマークセンと最終日最終組でプレーし、「優勝を意識して自分のプレーをするだけ」と語っていた伊沢利光(51)は、17番を消化して首位タイに並び、シニア初優勝のチャンスがあった。

 ところが2オン可能な18番パー5のティーショットは、スプーンを手にして左に大きく曲げて左斜面へ。

 2打目は急なつま先下がりのライから右ラフに出すだけ。結局、4オン2パットのボギーをたたきプレーオフ進出を逃し、4位に終わった。

 クラブアナリストのマーク金井氏が解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  4. 4

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

  9. 9

    負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

  10. 10

    “黒い交際”閣僚をスルー 大メディアのご都合主義と二枚舌

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る