シニア初V逃した伊沢利光 “逆球ミス”から学ぶべきポイント

公開日: 更新日:

【ファンケルクラシック】最終日

 観客動員数が10年連続2万人超えの人気シニア大会は、3年連続でプレーオフに突入。P・マークセン(53)が本大会5人目の連覇を遂げた。

 勝ったマークセンと最終日最終組でプレーし、「優勝を意識して自分のプレーをするだけ」と語っていた伊沢利光(51)は、17番を消化して首位タイに並び、シニア初優勝のチャンスがあった。

 ところが2オン可能な18番パー5のティーショットは、スプーンを手にして左に大きく曲げて左斜面へ。

 2打目は急なつま先下がりのライから右ラフに出すだけ。結局、4オン2パットのボギーをたたきプレーオフ進出を逃し、4位に終わった。

 クラブアナリストのマーク金井氏が解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る