2大会連続V狙う石川遼 渋野の“数字”にどこまで近づけるか

公開日: 更新日:

【長嶋茂雄招待 セガサミーカップ】2日目

 男子ツアーは23日、看板選手の石川遼(27)が、雨天中断、再開後の日没順延により、11アンダーで暫定の単独首位に立っている。

 今週は全英女子オープン優勝で一躍人気者になった渋野日向子(20)はオフ。7月の日本プロに続き、自身初の2戦連続優勝を狙う石川のプレーに注目が集まりそうだが、気になるのはその「数字」だ。

 渋野は優勝争いを演じた先週の大会で最終日に6786人のギャラリーを集め、3日間の合計は今季最多となる2万1844人。トーナメントの地上波テレビ(世帯平均)視聴率も12・3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)という、近年のゴルフ中継では非常に高い数字を残した。

 石川が3年ぶりに優勝した先月の日本プロの開催地は鹿児島県の指宿。アクセス面で集客に不利な場所ではあるが、それでも最終日は4282人ものギャラリーが会場に足を運んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  5. 5

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る