U18侍J チームメートが明かす佐々木とのユニホーム談義

公開日: 更新日:

 30日、最速163キロを誇る高校日本代表の佐々木朗希(大船渡)が韓国メディアから質問された。

「メジャーは佐々木選手に関心を持っているが、佐々木選手自身は関心はありますか?」

 佐々木は「今は強くないですが」と話した後、「えー」と2秒ほど考えてから「ないです」と本心を押し殺すように答えた。

 さらにこの日はこんなひと幕もあった。佐々木は開会式に参加するため、球場のスタンドでチームメートらと待機していた。すると、韓国人女性がボールとペンを持って近寄り、サインをおねだり。その場所でのサインは禁止されていたことと、言葉が通じない相手だったためにソワソワしていると、スタッフがやってきてやんわりとサインを断り、事なきを得た。

「佐々木はもともと口数が多くない。でも、U18の国内合宿が始まってからは、仲間とコミュニケーションを図ろうと努力する姿が垣間見えます」(代表関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る