U18W杯制覇に暗雲…エース佐々木朗希の右手中指に“爆弾”

公開日: 更新日:

 投げるたびに球場の観客がどよめいた。

 26日、U18野球W杯(韓国・機張、30日開幕)に臨む高校日本代表の佐々木朗希(大船渡)が大学日本代表との壮行試合に先発。2万8436人の大観衆が集まった神宮のマウンドで圧巻の投球を見せた。

■大学ナンバーワン右腕も脱帽

 先頭の宇草(法政大)を152キロの直球で左飛に打ち取ると、続く小川(国学院大)の3球目には、ネット裏のスカウトのスピードガンで158キロを計測。1回無安打2奪三振の好投に、大学選抜ベンチからは「えぐい、すごい」と感嘆の声が上がり、大学選抜の先発で今秋ドラフト1位候補の森下(明大)も、「佐々木投手が良かったので力が入った。高校生であれだけ強い球を投げて、大学生相手に真っすぐで空振りを取れる。すごいと思った」とうなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  8. 8

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る