U18侍J チームメートが明かす佐々木とのユニホーム談義

公開日: 更新日:

 実際、4月のU18合宿以来の再会を心待ちにしていた奥川(星稜)とは、お互いが部屋を行き来しながら、野球の話をすることもあるという。

 佐々木は26日の大学日本代表戦で右手中指のマメを悪化させたため、甲子園大会の疲労回復に努める奥川とともに別メニューで調整中。球場では共にポール間を走るのが日課だ。29日には一緒に外野フェンス沿いを歩いている際、打撃練習中の打球が飛んできたフリをして、佐々木が奥川を驚かせる場面もあった。

「選手同士ではオチャラケもやってます。佐々木は手足が長くて脚力もある。一緒に歩いている選手がついていけない。佐々木は後ろを振り向き、『もっと速く歩けよ』と突っ込むと、その選手が『おまえは足が長いから速いんだよ』と言い返した。すると佐々木は『えっ、オレ、150センチしかないよ』なんて、冗談を言ってました」(別の代表関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る