U18侍J「球数制限」に救われ格下・スペインに辛勝発進

公開日: 更新日:

 辛勝だった。

 30日、野球のU18W杯が韓国・機張で開幕した。初の世界一を目指すB組の高校日本代表(世界ランク1位)は1次ラウンド初戦で格下のスペイン(同26位)と対戦。4―2で逆転勝利し、白星発進となった。

 日本の開幕投手・池田(智弁和歌山)は四回2死一、二塁から5番のフェルナンデスに右越え2点適時三塁打を浴びて先制を許す苦しい展開。打線はスペイン先発右腕・ルナに七回までわずか2安打に抑えられた。「最大105球(その打者まで投球可能)に達した場合は中4日が必要」という球数制限の規定があるため、ルナが7回89球で降板。すると日本は2点を追う八回、2番手右腕のヘルナンデスから3番・韮沢(花咲徳栄)、4番・石川(東邦)、5番・遠藤(東海大相模)の3連打で一挙4得点し、逆転に成功した。永田監督は「相手のデータが全然なかった。サインミスも出た。国際大会の難しさを感じた」と汗を拭い、各選手が苦労している木製バットについては「慣れていくしかない」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  6. 6

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る