U18侍J「球数制限」に救われ格下・スペインに辛勝発進

公開日: 更新日:

 辛勝だった。

 30日、野球のU18W杯が韓国・機張で開幕した。初の世界一を目指すB組の高校日本代表(世界ランク1位)は1次ラウンド初戦で格下のスペイン(同26位)と対戦。4―2で逆転勝利し、白星発進となった。

 日本の開幕投手・池田(智弁和歌山)は四回2死一、二塁から5番のフェルナンデスに右越え2点適時三塁打を浴びて先制を許す苦しい展開。打線はスペイン先発右腕・ルナに七回までわずか2安打に抑えられた。「最大105球(その打者まで投球可能)に達した場合は中4日が必要」という球数制限の規定があるため、ルナが7回89球で降板。すると日本は2点を追う八回、2番手右腕のヘルナンデスから3番・韮沢(花咲徳栄)、4番・石川(東邦)、5番・遠藤(東海大相模)の3連打で一挙4得点し、逆転に成功した。永田監督は「相手のデータが全然なかった。サインミスも出た。国際大会の難しさを感じた」と汗を拭い、各選手が苦労している木製バットについては「慣れていくしかない」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る