巨人が“カモ虎”に少し警戒する「鳥谷戦力外」の最後っ屁

公開日: 更新日:

「鳥谷戦力外」

 30日付の日刊スポーツが1面でデカデカと報じた。今季5年契約の最終年となる阪神の鳥谷敬(38)が来季の去就などについて、29日に球団首脳と話し合っていたことが明らかになったのだ。鳥谷はこの日、「球団がどう考えているかは聞いた。自分がどうするかはまだ全然考えていない」と話した。神宮球場での今季最終戦だった25日のヤクルト戦後に「自分も最後かもしれない」と意味深な発言を残し、今後の動向に注目が集まっていた。同紙には「事実上の戦力外通告といえる“引退勧告”を受けた」とあり、球団はこれを否定したものの、鳥谷はもっか打率.208。今季限りで阪神を去るか、引退かを選択せざるを得ない状況に追い込まれるのは間違いなさそうである。

 巨人は30日、丸の4安打3打点の活躍で阪神戦5連勝。優勝へのマジックを17とした。今季は3タテ4度のお得意さまで、対戦成績は14勝6敗となった。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る