巨人が“カモ虎”に少し警戒する「鳥谷戦力外」の最後っ屁

公開日: 更新日:

「鳥谷戦力外」

 30日付の日刊スポーツが1面でデカデカと報じた。今季5年契約の最終年となる阪神鳥谷敬(38)が来季の去就などについて、29日に球団首脳と話し合っていたことが明らかになったのだ。鳥谷はこの日、「球団がどう考えているかは聞いた。自分がどうするかはまだ全然考えていない」と話した。神宮球場での今季最終戦だった25日のヤクルト戦後に「自分も最後かもしれない」と意味深な発言を残し、今後の動向に注目が集まっていた。同紙には「事実上の戦力外通告といえる“引退勧告”を受けた」とあり、球団はこれを否定したものの、鳥谷はもっか打率.208。今季限りで阪神を去るか、引退かを選択せざるを得ない状況に追い込まれるのは間違いなさそうである。

 巨人は30日、丸の4安打3打点の活躍で阪神戦5連勝。優勝へのマジックを17とした。今季は3タテ4度のお得意さまで、対戦成績は14勝6敗となった。さる球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る