18歳安田祐香が4位に プロテスト合格前にアマ優勝が先か

公開日: 更新日:

【ニトリレディス】最終日

 今大会のセッティングは塩谷育代プロが担当した。ピン位置は難しく、バーディーチャンスにつけるには勇気をもって狭いエリアを攻められるか、女子プロの総合力が試された。

「真の実力者に勝ってもらいたい」という塩谷プロのポリシーがセッティングに込められており、勢いだけでは勝てないと多くの女子プロが警戒するタフな会場だった。

 そして試合前に、「(勝つのは)安田祐香かな、と思っていた」と塩谷プロがこう明かす。

「彼女はマネジメントの準備がスゴイ。前日からスタート前まで念入りにコース攻略の予習をしている。いつもハウスキャディーを起用しており、ここ一番での決断力や思い切りの良さがある。多くの女子プロは帯同するプロキャディーのジャッジに頼っていますが、安田は自分で考えている。海外での経験もあり、いつ勝ってもおかしくないだけの力を備えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る