18歳安田祐香が4位に プロテスト合格前にアマ優勝が先か

公開日: 更新日:

【ニトリレディス】最終日

 今大会のセッティングは塩谷育代プロが担当した。ピン位置は難しく、バーディーチャンスにつけるには勇気をもって狭いエリアを攻められるか、女子プロの総合力が試された。

「真の実力者に勝ってもらいたい」という塩谷プロのポリシーがセッティングに込められており、勢いだけでは勝てないと多くの女子プロが警戒するタフな会場だった。

 そして試合前に、「(勝つのは)安田祐香かな、と思っていた」と塩谷プロがこう明かす。

「彼女はマネジメントの準備がスゴイ。前日からスタート前まで念入りにコース攻略の予習をしている。いつもハウスキャディーを起用しており、ここ一番での決断力や思い切りの良さがある。多くの女子プロは帯同するプロキャディーのジャッジに頼っていますが、安田は自分で考えている。海外での経験もあり、いつ勝ってもおかしくないだけの力を備えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  4. 4

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

  9. 9

    負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

  10. 10

    “黒い交際”閣僚をスルー 大メディアのご都合主義と二枚舌

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る