渋野 2差4位浮上で見えてきた「史上最年少賞金女王」の先

公開日: 更新日:

【ニトリレディス】

 今大会での逆転もある。

 首位に4打差19位タイ発進の渋野日向子(20)が68で回り、トップに2打差の通算5アンダー、4位タイに浮上。これで国内でのオーバーパーなしのラウンド記録を「26」に伸ばした。

 今大会に優勝すれば今季3勝目。同時に国内通算獲得賞金は1億円を突破(約1億279万円)する。賞金トップの申ジエ(31=約9892万円)は通算2オーバーの48位タイ。申ジエを抜き去り、最年少の賞金女王も現実味を帯びてくる。

 現在その「記録」を持っているのは上田桃子(33)。実質プロ2年目の2007年に5勝を挙げ、21歳156日で女王になった。同年11月に国内で行われた米女子ツアーのミズノクラシック(現・TOTOジャパンクラシック)の優勝により、翌年から米ツアーに参戦した経歴を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る