渋野日向子の今後を危ぶむ声…超過密日程で試合前から消耗

公開日: 更新日:

【ニトリレディス】初日

 今後を暗示する大会かもしれない。

 全英女子オープンに優勝して女子プロ界の看板選手になった渋野日向子(20)。大会直前には歯痛や高熱の体調不良で27日の練習ラウンドと前夜祭はキャンセル。病院で急性副鼻腔炎と診断されたが、体調が回復したことで前日はプロアマ戦に出場。

 大会主催者である㈱ニトリの似鳥昭雄会長と昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した京大の本庶佑特別教授らと笑顔でラウンドした。

 大会初日は比嘉真美子(25)、鈴木愛(25)との同組で霧雨が降る中を10番からスタート。6番まで2オーバーだったが、上がり3ホールの連続バーディーで71をマーク。首位に4打差の19位タイにつけた。

■増えるスポンサーの拘束日

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る