U18W杯で日本V阻む 台湾と韓国にもいる“佐々木朗希”の正体

公開日: 更新日:

「日本が決勝ラウンド(スーパーラウンド)で戦う韓国、台湾、そして米国にも、それぞれ佐々木に負けず劣らずのモンスターがいます」

 韓国・機張で開催中のU18W杯の視察に訪れた東海岸のさるメジャースカウトがこう言った。

 2日、U18日本代表は台湾戦に降雨コールド負け。守備の乱れが続出したこともあり、試合後には仲井ヘッドコーチ(八戸学院光星監督)から選手へ、「これで世界一になれるんか! 甘ないんじゃ!」とカミナリが落とされた。4連勝を逃したことで決勝ラウンド進出決定はお預けとなったものの、この日は163キロ右腕の佐々木朗希(大船渡)が、先月26日に右手中指のマメを潰して以来、初めてブルペン入り。同じくブルペン入りした甲子園準V右腕の奥川(星稜)との「ダブルエース」を決勝ラウンドから投入できる見通しが立ちつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る