U18W杯で日本V阻む 台湾と韓国にもいる“佐々木朗希”の正体

公開日: 更新日:

「日本が決勝ラウンド(スーパーラウンド)で戦う韓国、台湾、そして米国にも、それぞれ佐々木に負けず劣らずのモンスターがいます」

 韓国・機張で開催中のU18W杯の視察に訪れた東海岸のさるメジャースカウトがこう言った。

 2日、U18日本代表は台湾戦に降雨コールド負け。守備の乱れが続出したこともあり、試合後には仲井ヘッドコーチ(八戸学院光星監督)から選手へ、「これで世界一になれるんか! 甘ないんじゃ!」とカミナリが落とされた。4連勝を逃したことで決勝ラウンド進出決定はお預けとなったものの、この日は163キロ右腕の佐々木朗希(大船渡)が、先月26日に右手中指のマメを潰して以来、初めてブルペン入り。同じくブルペン入りした甲子園準V右腕の奥川(星稜)との「ダブルエース」を決勝ラウンドから投入できる見通しが立ちつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る