U18W杯で米国撃破も…大船渡・佐々木だけ“モヤモヤ”のナゼ

公開日: 更新日:

 U18日本代表が南アフリカ戦に大勝した8月31日の試合後のことだ。

 球場内にある取材エリアで、報道陣が日本代表のスタッフに対し、佐々木朗希(大船渡)の取材を要望した。先月26日の大学選抜との壮行試合で右手中指のマメを悪化させた佐々木は、以降、ノースローのリハビリを続けている。現在の状態を本人から確認したいと望んだ報道陣の希望を、佐々木は報道対応を行う担当スタッフを通して、「自分が何もしていない試合で、あまり話したくない」と拒否。報道陣が改めて要望を伝え、「日々、良くなっていると思う。指先の感覚を中心に状態を上げたいです」などと話したものの、これまで日々、取材対応を欠かさなかった佐々木に“異変”が生じているのは確かだ。

 さる代表関係者がこう言う。

「投げたくても投げられないジレンマと闘っているのです。指のマメが回復するのは早ければ1週間、長い場合だと2週間かかると想定された。2週間かかるとなれば、一度も登板しないまま大会が終わってしまう。まして佐々木の指にマメができたのは初めてのこと。しっかり保護をし、マメがふやけて再びつぶれないように、指に湯をつけないなどのケアをしているが、チームメートが必死で戦っている一方で、投げることさえできないモヤモヤを感じるのは当然でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る