U18W杯で米国撃破も…大船渡・佐々木だけ“モヤモヤ”のナゼ

公開日: 更新日:

 U18日本代表が南アフリカ戦に大勝した8月31日の試合後のことだ。

 球場内にある取材エリアで、報道陣が日本代表のスタッフに対し、佐々木朗希(大船渡)の取材を要望した。先月26日の大学選抜との壮行試合で右手中指のマメを悪化させた佐々木は、以降、ノースローのリハビリを続けている。現在の状態を本人から確認したいと望んだ報道陣の希望を、佐々木は報道対応を行う担当スタッフを通して、「自分が何もしていない試合で、あまり話したくない」と拒否。報道陣が改めて要望を伝え、「日々、良くなっていると思う。指先の感覚を中心に状態を上げたいです」などと話したものの、これまで日々、取材対応を欠かさなかった佐々木に“異変”が生じているのは確かだ。

 さる代表関係者がこう言う。

「投げたくても投げられないジレンマと闘っているのです。指のマメが回復するのは早ければ1週間、長い場合だと2週間かかると想定された。2週間かかるとなれば、一度も登板しないまま大会が終わってしまう。まして佐々木の指にマメができたのは初めてのこと。しっかり保護をし、マメがふやけて再びつぶれないように、指に湯をつけないなどのケアをしているが、チームメートが必死で戦っている一方で、投げることさえできないモヤモヤを感じるのは当然でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る