永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

報道陣を唖然とさせた145失点の大惨敗と強化委員長の総括

公開日: 更新日:

 南ア戦の勝利が1991年の第2回大会ジンバブエ戦(52―8)以来24年ぶりだった事実が物語るように、これまで日本はW杯で好成績を残せなかった。そこに、日本でラグビーW杯の認知度が低かった最大の原因がある。

 91年当時、実はラグビーは大人気スポーツだった。といっても日本代表が、ではなく、早稲田大学、明治大学といった大学ラグビーの伝統校が人気の牽引車で、両校が対戦する「早明戦」は旧国立競技場で行われ、スタンドには6万人を超える観客が集まった。大学選手権も、準決勝、決勝と満員の国立競技場が舞台だった。Jリーグ開幕前のサッカーが集客に苦しんでいたのとは対照的だったのだ。

 こうした時代に、日本代表は、住友銀行(当時)に勤務する宿沢広朗監督、神戸製鋼を初優勝から連覇へと導いた平尾誠二キャプテンのコンビで、89年5月にスコットランドを撃破。これで高まったラグビー熱をW杯への関心につなげることができた。90年に東京でW杯予選が行われ、トンガ、韓国に連勝して本大会出場を決めたことも、人気を支えた要因だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る