実業団の伊勢丹時代は自分の余暇の時間にラグビーの練習

公開日: 更新日:

吉田義人(元日本代表・50歳)

 明治大のスター選手が伊勢丹に入社! いろいろ物議を醸した選択だったが、当時の日本ラグビーを取り巻く環境などについて本音で話してもらった。

 ◇  ◇  ◇

 明治大学4年の時、キャプテンとして臨んだ大学生活最後の大学選手権で優勝を果たし、いただいていた数々のオファーの中から、急速に実力をつけていた伊勢丹に入社することを決めました。

 当時のラグビー界は完全なアマチュアの時代でしたが、海外にはラグビーリーグと呼ばれるプロ選手で構成された13人制ラグビーの競技団体もありました。

 日本にも海外と同じようなプロリーグがあったら、その道を選択していたかもしれませんが、当時、日本にはラグビーユニオンと呼ばれる15人制アマチュアリーグしか存在していませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る