実業団の伊勢丹時代は自分の余暇の時間にラグビーの練習

公開日: 更新日:

吉田義人(元日本代表・50歳)

 明治大のスター選手が伊勢丹に入社! いろいろ物議を醸した選択だったが、当時の日本ラグビーを取り巻く環境などについて本音で話してもらった。

 ◇  ◇  ◇

 明治大学4年の時、キャプテンとして臨んだ大学生活最後の大学選手権で優勝を果たし、いただいていた数々のオファーの中から、急速に実力をつけていた伊勢丹に入社することを決めました。

 当時のラグビー界は完全なアマチュアの時代でしたが、海外にはラグビーリーグと呼ばれるプロ選手で構成された13人制ラグビーの競技団体もありました。

 日本にも海外と同じようなプロリーグがあったら、その道を選択していたかもしれませんが、当時、日本にはラグビーユニオンと呼ばれる15人制アマチュアリーグしか存在していませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る