開催迫ったW杯が今後の日本ラグビー界の命運を握っている

公開日: 更新日:

林 敏之さん(元日本代表・59歳)

 29日午後2時・帝国ホテルで行われた記者会見でW杯日本大会に臨むジャパンの代表31選手の名前が読み上げられた。いよいよ近づいた桧舞台を前に第1回W杯に主将として出場した林氏が、日本ラグビーの将来像について具体的に語った。

 ◇  ◇  ◇

 トップリーグのプロ化の話が具体化していますが、僕は非常に前向きに捉えています。

 僕の時代には、プロという選択肢がありませんでした。午前9時から午後5時半まで仕事をしてグラウンドに移動し、午後6時半から練習でした。忙しい時は練習後に会社に戻って残業もしました。ラグビー選手とはいえ、会社員として仕事をすることで給料をもらっていました。

 この日本独自の企業スポーツは、確かに異質ではありましたが、我々には、その価値観しかありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  2. 2

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  3. 3

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  10. 10

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る