開催迫ったW杯が今後の日本ラグビー界の命運を握っている

公開日: 更新日:

林 敏之さん(元日本代表・59歳)

 29日午後2時・帝国ホテルで行われた記者会見でW杯日本大会に臨むジャパンの代表31選手の名前が読み上げられた。いよいよ近づいた桧舞台を前に第1回W杯に主将として出場した林氏が、日本ラグビーの将来像について具体的に語った。

 ◇  ◇  ◇

 トップリーグのプロ化の話が具体化していますが、僕は非常に前向きに捉えています。

 僕の時代には、プロという選択肢がありませんでした。午前9時から午後5時半まで仕事をしてグラウンドに移動し、午後6時半から練習でした。忙しい時は練習後に会社に戻って残業もしました。ラグビー選手とはいえ、会社員として仕事をすることで給料をもらっていました。

 この日本独自の企業スポーツは、確かに異質ではありましたが、我々には、その価値観しかありませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る