ラグビーで他者との関係性をうまく構築できるようになった

公開日: 更新日:

林 敏之(元日本代表・59歳)

 1970年代後半から同志社大、神戸製鋼の花形選手として大人気のラグビー界のメインストリームを走り抜けた林氏。サッカーから転向した中学時代、日本代表に選ばれた高校時代を振り返る。

 ◇  ◇  ◇

■人見知りで仲間から浮いていた

 小学生のときからサッカーをやっていた僕がラグビーに転向したのは、城西中学(徳島県)2年生の時です。当時、サッカー部ではレギュラーでしたが、実は人と話すのが得意ではなく、なかなか友だちをつくれない性格もあってか、チームの中で自分が浮いているように感じ、それが嫌でサッカー部を辞めたところ、ラグビー部から誘いを受けたのです。

 最初の頃はルールもよく分かっていませんでしたが、バチーンと体を相手にぶつけるラグビーというスポーツに魅了されました。最初のポジションはスタンドオフ。でも、僕はボールを持ったらひたすら突進するタイプだったのでボールが回らず周囲から不興を買い、その後センター、ウイングと変わって、とうとう「おまえはFWをやれ」とFWになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  6. 6

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

もっと見る