首位Gを猛追し5連勝のDeNA…原動力の“ガソリン”は不祥事か

公開日: 更新日:

 巨人を5ゲーム差で追う2位DeNA。広島が失速する中、自力V復活の可能性も残すなど、しぶとく優勝争いに食らいついている。

 その一方で、チーム内は不祥事まみれ。28日、乙坂智(25)が未成年の交際女性と自宅で日常的に飲酒し、別れ話のもつれでその女性が自殺未遂を図るというスキャンダルが報じられた。1カ月前の7月には、4年目右腕の綾部翔(22)が未成年の女子高生に対する淫行を含む計18人の不倫疑惑で無期限謹慎処分となったばかりだ。

 が、こんな醜聞にも負けないのがDeNAだ。乙坂のニュースが出た28日はサヨナラ勝ち。延長十二回、殊勲打を放った山本祐大(20)は新人だった昨年、未成年でありながら3回にわたって飲食店で飲酒していた“前科者”だった。

 30日も逆転勝ちを収め、現在5連勝中。綾部の事件が発覚した先月16日もチームは勝ち、同19日からは引き分けを挟んで7連勝した。不祥事を「バネ」に優勝へ向かっている雰囲気すらある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る