U18W杯カナダ戦18K 奥川の奪三振ショーに米国スカウト仰天

公開日: 更新日:

「オクガワ? とても素晴らしい投手だ。直球と変化球の緩急が素晴らしい。両コーナーに投げ分けられる制球力もある。将来はメジャーに行ける可能性はもちろんある」

 5日、U18W杯で初登板初先発した奥川恭伸(星稜)。ネット裏で投球を見たマーリンズのリーチ・スカウト(国際担当)が絶賛した。

 8月22日の甲子園決勝戦以来となるマウンドで、圧巻の投球を見せた。全米ドラフトですでに指名されている逸材もいるカナダ相手に、7回2安打1失点。18三振を奪った。六回終了時点での投球数90。大会規則では105球以上投げたら中4日は投げられず、8日の決勝には登板できない。ブルペンから七回のマウンドに向かう際は、「14球で終わらせる」と宣言。最後の打者を三振に仕留めたのは103球目。見事に「公約」を守った。

 試合後、「実戦から空いて、不安もあった。ムキにならないように丁寧にと思った。(四回に)中途半端な球を本塁打され、そういう球をなくさないとこれからは厳しいと思う」と、反省の言葉が口をついた奥川だが、ネット裏や内野スタンドに集結した十数球団のメジャースカウトは、初めて目にした日本の逸材に驚きの声を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る