佐々木の韓国戦1回降板は“人災” 首脳陣の起用法に批判噴出

公開日: 更新日:

 中でも西は1次リーグで3連投させられた上に、野手としても出場し続けている。5日のカナダ戦ではブルペン入りし、この日の韓国戦も佐々木の緊急降板を受けてマウンドに上がった。

「いつでも投げられるように、守備で肩をつくる意味も含めて、野手として出場させている」とは、さる関係者だが、来る日も来る日も投げ続けて疲労困憊、もはや気合だけで投げているのが実情だという。

 西と並ぶタフネス右腕の飯塚は、登板10分前に肩をつくらされたこともあった。

「5日のカナダ戦で7回18奪三振の快投をした奥川は、今大会初登板で2週間ぶりのマウンドということもあり、予定は五回までだったという話もある。五回を終えた時点で、想定よりも少ない球数だったため、ベンチが投げられるか確認、奥川が『行けます』と直訴したことで七回まで投げましたが、久しぶりの登板だけになおさら慎重を期すべきです」(前出のパ球団スカウト幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る