話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

公開日: 更新日:

 巨人丸佳浩(30)が前日12日のDeNA戦で、頭を残しながら腰を逆回転させ、右翼席中段にたたき込むなど2発を放った「ツイスト打法」が話題だ。打った瞬間は打球方向の右翼ではなく、三塁側ベンチ方向を向いていた。丸は「打った瞬間、僕もどこに行ったか正直分からなかった」と振り返った。

 まるで「あっち向いてホイ」のような丸の打法について、打率.335で目下、セ・リーグ首位打者の広島鈴木誠也(25)に、13日の巨人戦前に聞いた。鈴木はかつて、合同自主トレで丸に弟子入りしたことがある。元・門下生でもある。

「丸さんのきのうのホームランは凄いっすね。基本的にツイスト打法は開きを矯正するためにやるんです。ああ、開いてるな、と思ったら、まずは練習で取り入れてみます。僕は試合でもやりますよ。今はやっていませんけど。あくまで開いていると感じる時に一時的にやる感じです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る