丸の活躍に味しめた?“補強マニア”G原監督が狙う次の標的

公開日: 更新日:

 丸さまさまである。

 20日のオリックス戦。巨人は2点を追う六回、五回までわずか1安打に抑えられていたK―鈴木から、丸佳浩(30)が左翼ポール際ギリギリに技ありの同点2ラン。続く2―2の八回2死一、二塁では、2番手・近藤から右翼フェンス直撃の2点三塁打を放った。

 4得点全てを叩き出す活躍の丸に対し、原監督は「4点のうちの4打点だからね。100点です」と本塁打直後に丸に向かって「丸ポーズ」をつくったほどだ。

 その丸を引き抜かれた広島は、現在0・5ゲーム差の2位ながら、交流戦最下位と苦しい戦いを強いられている。そんな広島には、原監督が目を光らせる質の高い選手がゴロゴロいる。そのうちのひとりが、この日連続フルイニング出場が635試合で途絶えた遊撃の田中広輔(29)だという。順調なら来季中に国内FA権を取得する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る