丸の活躍に味しめた?“補強マニア”G原監督が狙う次の標的

公開日: 更新日:

 丸さまさまである。

 20日のオリックス戦。巨人は2点を追う六回、五回までわずか1安打に抑えられていたK―鈴木から、丸佳浩(30)が左翼ポール際ギリギリに技ありの同点2ラン。続く2―2の八回2死一、二塁では、2番手・近藤から右翼フェンス直撃の2点三塁打を放った。

 4得点全てを叩き出す活躍の丸に対し、原監督は「4点のうちの4打点だからね。100点です」と本塁打直後に丸に向かって「丸ポーズ」をつくったほどだ。

 その丸を引き抜かれた広島は、現在0・5ゲーム差の2位ながら、交流戦最下位と苦しい戦いを強いられている。そんな広島には、原監督が目を光らせる質の高い選手がゴロゴロいる。そのうちのひとりが、この日連続フルイニング出場が635試合で途絶えた遊撃の田中広輔(29)だという。順調なら来季中に国内FA権を取得する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  4. 4

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  5. 5

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  8. 8

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    東京五輪の野球で注目は、日本人選手より「日本でプレーする外国人選手」

もっと見る