4番の2発で巨人M9再点灯 岡本和真“年俸倍増”へ2つの条件

公開日: 更新日:

 これが4番の仕事だ。

 首位巨人が10日、4番・岡本和真(23)の逆転弾を含む2本塁打の活躍で、2位DeNAとの直接対決3連戦の初戦に勝利。5年ぶりのリーグ優勝へマジック9が再点灯した。

 巨人打線はDeNA先発・今永に五回まで1安打に抑えられていたが、六回2死一塁から岡本が左中間へ起死回生の27号2ランで逆転。試合前まで岡本は今永に今季10打数1安打5三振と抑えられていたが、大事な試合で天敵打ちに成功すると、八回2死にはエスコバーから2打席連発となる28号ソロで試合を決めた。お立ち台では「まだ2試合、横浜スタジアムであるし、気を引き締めてまた一戦一戦、戦っていきたい。M9? 僕は初体験なのであまり気にせず、一試合一試合をしっかり頑張りたい」と慎重だったが、原監督は「クリーンアップが機能した。(六回は3番丸が)四球、そして、(4番岡本が)本塁打。理想的というか、数少ないチャンスの中で仕留めてくれた。ああいう点の取り方じゃないと、今永投手からは簡単には点を取れないでしょう」と手放しで岡本を称賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る