またまた腰痛…巨人菅野の3度目抹消は“人災”とOB投手苦言

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(29)が16日、腰痛で出場選手登録を抹消された。

 5日の抹消から最短10日で復帰した15日の阪神戦は、4回6安打4失点で降板。原監督に「こんなピッチャーではないと思う」とバッサリやられていた。その試合後、「10日間では足りなかったみたい」と語っていた宮本投手総合コーチはこの日の試合前、「ペナント中はきついかなと。(復帰は)CSになると思う。前回と同じ箇所(腰)。141キロの球はカットボールかと思ったらストレートだもんね。(捕手の小林)誠司は『おかしい』って言うんだけど、本人は『大丈夫』って。ブルペンでは良かったんだけど、長い回になると負担がかかる。CSではリリーフ? それはまだ分からないけど、状況を見て」と説明した。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。


「15日の試合は首脳陣が強行登板させたことになりますね。度合いにもよるが、腰痛は完治しにくく、長引くケースが多い。無理をすると、体がしならないため、棒立ちのように突っ張ってしまい、スピードやキレが出てこない。今、先発投手陣の台所事情が苦しいのは分かる。でも、完治していない菅野を突っ込むほどチームは追い込まれていないはず。宮本コーチは何を見てゴーサインを出したのか。本人の言葉をうのみにするだけなら、投手コーチは必要ありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る