またまた腰痛…巨人菅野の3度目抹消は“人災”とOB投手苦言

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(29)が16日、腰痛で出場選手登録を抹消された。

 5日の抹消から最短10日で復帰した15日の阪神戦は、4回6安打4失点で降板。原監督に「こんなピッチャーではないと思う」とバッサリやられていた。その試合後、「10日間では足りなかったみたい」と語っていた宮本投手総合コーチはこの日の試合前、「ペナント中はきついかなと。(復帰は)CSになると思う。前回と同じ箇所(腰)。141キロの球はカットボールかと思ったらストレートだもんね。(捕手の小林)誠司は『おかしい』って言うんだけど、本人は『大丈夫』って。ブルペンでは良かったんだけど、長い回になると負担がかかる。CSではリリーフ? それはまだ分からないけど、状況を見て」と説明した。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。


「15日の試合は首脳陣が強行登板させたことになりますね。度合いにもよるが、腰痛は完治しにくく、長引くケースが多い。無理をすると、体がしならないため、棒立ちのように突っ張ってしまい、スピードやキレが出てこない。今、先発投手陣の台所事情が苦しいのは分かる。でも、完治していない菅野を突っ込むほどチームは追い込まれていないはず。宮本コーチは何を見てゴーサインを出したのか。本人の言葉をうのみにするだけなら、投手コーチは必要ありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る