ポルト中島が崖っぷちに…エース候補ライバル久保と正反対

公開日: 更新日:

 森保ジャパンの左右両サイドアタッカーが、先週末の欧州サッカーリーグで明暗を分けた。

 まずはスペイン1部のMF久保建英(18)だ。

 現地13日のビルバオ戦。後半18分に途中出場。ホーム初お目見えである。

 35分。相手ゴール右サイドから攻め入り、ペナルティーエリア内で相手DFと相対した。久保が鋭く縦に突破すると相手DFはたまらず久保の足を引っ掛けて倒し、PKを獲得したのである。

 このPKを味方選手が失敗。結局スコアレスドローとなったが、久保のプレーを地元メディアは「日本人がマジョルカに革命を起こした」と大絶賛。そこへいくと好対照だったのが、ポルトガル1部の名門ポルトで背番号10を背負っているMF中島翔哉(25)だ。

 現地15日に敵地でポルティモネンセと対戦。結果は中島にとって悲惨なモノだった。格上ポルトが前半で2―0とリード。後半27分にピッチに送り出されると29、32分に連続失点。アディショナルタイムにポルトが3点目を決めて逃げ切ったが、終了後に事件が起きた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

もっと見る