2敗が5人で混沌…秋場所を制する力士候補と賜杯に近いのは

公開日: 更新日:

 本命か対抗馬か、大穴もあるか。

 2横綱1大関が休場中の大相撲9月場所。案の定、賜杯争いは混沌とし、誰が優勝してもおかしくない場所になった。

 17日現在、トップを走るのは2敗の御嶽海(26)、貴景勝(23)、朝乃山(25)、隠岐の海(34)、明生(24)の5人。3敗の宝富士(32)、剣翔(28)にもチャンスはある。

 そんな中、優勝候補と言われているのが朝乃山、御嶽海、貴景勝の3人だ。

 いずれも昨年から今年にかけて初優勝を果たした気鋭の力士。今後の土俵を背負って立つことが期待されている。

 ある親方は「優勝経験があるとないとでは大違い」と、こう話す。

「一般の人が考えている以上に、賜杯を抱くというのは力士にとって最大の名誉。自分の相撲に自信を持てるし、過去には『あれで人生が変わった』と話した力士もいたほどです。当然、競った終盤戦などでは自信が力になる。その意味では彼ら以外の2敗、3敗力士は厳しいのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る