2敗が5人で混沌…秋場所を制する力士候補と賜杯に近いのは

公開日: 更新日:

 本命か対抗馬か、大穴もあるか。

 2横綱1大関が休場中の大相撲9月場所。案の定、賜杯争いは混沌とし、誰が優勝してもおかしくない場所になった。

 17日現在、トップを走るのは2敗の御嶽海(26)、貴景勝(23)、朝乃山(25)、隠岐の海(34)、明生(24)の5人。3敗の宝富士(32)、剣翔(28)にもチャンスはある。

 そんな中、優勝候補と言われているのが朝乃山、御嶽海、貴景勝の3人だ。

 いずれも昨年から今年にかけて初優勝を果たした気鋭の力士。今後の土俵を背負って立つことが期待されている。

 ある親方は「優勝経験があるとないとでは大違い」と、こう話す。

「一般の人が考えている以上に、賜杯を抱くというのは力士にとって最大の名誉。自分の相撲に自信を持てるし、過去には『あれで人生が変わった』と話した力士もいたほどです。当然、競った終盤戦などでは自信が力になる。その意味では彼ら以外の2敗、3敗力士は厳しいのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

もっと見る