隠岐の海“自滅”初黒星…周囲から「やはり」の声が多いワケ

公開日: 更新日:

 自滅さながらの負け方に、国技館はため息で包まれた。

 16日、ただひとり勝ちっぱなしの隠岐の海(34)は竜電と対戦。いなし、いなされと目まぐるしい展開に足がついていかなかったのか、左足を滑らせたような形で転倒。これで8勝1敗。決まり手は「引き落とし」だが、ほとんど自滅のような内容だった。

 もっとも、負け方はともかく、隠岐の海の今場所初黒星は「まさか」ではなく、「やはり」という見方が角界では強い。今年1月場所は9日目まで6勝3敗だったが、10日目から5連敗で負け越し。2017年11月場所も途中まで優勝争いを演じながら、終盤で連敗した。16年9月場所では初日から6連勝の快進撃も、終わってみれば9勝6敗だった。

 ある親方は「才能だけで相撲を取っているような力士。稽古の貯金がない」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  2. 2

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  3. 3

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  4. 4

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  7. 7

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  8. 8

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る