U-22コロンビアに0-2完敗…森保五輪Jは“ないない尽くし”

公開日: 更新日:

 五輪代表(Uー22)監督を兼務する日本代表の森保一監督にとって17日のUー22コロンビア代表戦(広島)は、絶対に負けられない試合だった。

 2020年東京五輪の目標として「金メダルを獲得する」と言い切っている森保監督にしてみたら、世界のトップ級ではないコロンビア相手に負けているようでは話にならない。
 
 さらに試合会場は、第二の故郷・広島である。長崎日大高を卒業してからはJ広島の前身・マツダでプレー。引退後は広島を率いて12、13、15年シーズンにJを制している。その論功行賞もあって日本代表・五輪代表兼任監督のオファーが舞い込んだ。広島のファンの前で恥ずかしい試合が出来るハズもない。

 兼任監督に就任してからも、常に〈被爆地への思い〉を口にする。その被爆地・広島で15年ぶりに開催された〈代表戦〉である。勝てないまでも完敗は避けなければならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る