山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

CS目前も…変わらぬセとパの「パワーバランス」にモヤモヤ

公開日: 更新日:

 今季のプロ野球もいよいよ全日程が終了した。セは巨人、パは西武がリーグ優勝。お次はクライマックスシリーズ、そして最後はセとパの覇者同士が雌雄を決する日本シリーズである。

 というのが一般認識ではあるが、今はセ・パ交流戦があり、そこではもう何年もパ強セ弱の状態が続いているため、来る日本シリーズについても少し複雑な気持ちになってしまう。セとパの覇者が真っ向から激突するというより、セの覇者がパの覇者に“挑戦する”、そんなパワーバランスが透けて見えてしまう。

 実はこれ、ペナントレース中からずっと感じていたことだ。現在の日程では交流戦が6月に実施されるため、パの圧勝という結果が出るのが6月下旬になる。つまり、前半戦の早い時点で、リーグ全体としては「パのほうがセより強い」という、限りなく事実に近い勢力図を知らされるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る