BIG3匹敵の有望株 巨人ドラ1堀田の母が語る弱点克服秘話

公開日: 更新日:

 先のドラフトで指名された巨人の新人8人が21日、施設見学を行った。

「整っていて素晴らしい」と目を輝かせたのは、最速151キロの本格派右腕・堀田賢慎(青森山田高=18)。外れ外れ1位ながら、巨人のスカウトが「BIG3」の一角である「佐々木や奥川に匹敵する潜在能力を秘めている」と言う有望株だ。

 185センチ、80キロの恵まれた体格。原監督は指名直後に「まさに本格派。体も智之くらいあるんじゃない? バランスのいい素晴らしい投手」と言い、長谷川スカウト部長も「去年6位で指名した戸郷も大事なところで投げている。去年の戸郷と堀田君で言えば、順位だけでなく、堀田君の方がはるかに可能性は高い」と大きな期待を寄せる。

 欠点は「食の細さ」だった。母の有里さんはこう言った。

「子供の頃から食が細くて、普通なら子供が食べそうな果物なんかも全然食べないんです。仕方なく、お菓子とか食べられるものを食べさせていました。中学時代の花巻シニアは『食育』を指導されていて、『1食おにぎり5個』というノルマがあったんですが、食べられないので1個を小さく作ったら、バレて怒られたり……。そんな感じだから、身長は伸びても、体重がなかなか増えませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る