松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

ヤフオク改め…年寄り切り捨てのペイペイドームはよせ!

公開日: 更新日:

 ちょっと目を離すと球場の名前がどんどん変わる時代で、年寄りは困っている。

「千葉マリンスタジアム」だったもんが「QVCマリンフィールド」? QVCって? ああ、こないだテレビ見てて、ついつい炎が本物に見える電気ストーブってのを買った通販屋らしい。

 そのうち「ZOZOマリンスタジアム」って、なんだゾゾって? ああ、月旅行に行くって宣言したけど金使い果たして行かないことになった若え社長の会社らしいだの、そういやぁ、西武球場も「メットライフドーム」らしいし、宮城県営球場も「フルキャストスタジアム」、あれれ、「クリネックススタジアム宮城」、とうとう「楽天生命パーク宮城」って、オリックスは「ほっともっとフィールド神戸」っておまえたち、そのたびに道路標識を書き換える自治体と看板屋の手間を何だと思ってるんだ!

 てなことはいらん世話として、いちいち年寄りが名前を覚えられるかい! まあ、球場の命名権ってのを年間数億円で売ってるってことらしいから、経営上しようがねえんだろうなあ、ト。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る