松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

公開日: 更新日:

「五輪最終日に北海道でマラソンを行えば、ドーピング検査があるため、選手は閉会式に間に合わない。マラソンの日程は前倒ししたい」

 東京五輪大会組織委員会の森喜朗会長発言。

 長いこと森喜朗の言動を観察してきたが、初めてじゃないか、これほどまっとうなことを言うのは?

 たしかに、夏の北海道ったって猛暑に変わりはねえ。42・195キロマラソンを走ってミイラ状態になっている選手たちを、ゴールした途端にかっさらうように新千歳へ連れ去り、羽田行きの飛行機に詰め込んで、機内で脱水症状でグッタリしてるのもお構いなく小便を採取してドーピング検査やろうったって、(たぶん)一滴も出ないだろう。

 気圧変化で脱水症状、ついに虫の息となった選手をマウス・ツー・マウスで人工呼吸しながら無理くり羽田からパトカー先導の救急車に乗せて新国立競技場閉会式に担ぎ込んで、晴れの表彰式の壇上で、メダルをバッハが首にかけようとしても、選手は担架に乗せられたまま点滴と酸素吸入中で、国旗掲揚が半旗掲揚になって満員のスタンドは黙とうする羽目になる。だからよせ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

もっと見る