友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

マイナーに2人いるだけの女性審判…MLBは旧態依然の男社会

公開日: 更新日:

 MLBは米国のメジャースポーツの中で最も女性の進出が遅れていると批判されている。

 NBAでは今季4人の女性審判がフルタイムで活躍しているが、MLBにはひとりもおらず、マイナーに2人いるだけ。他の分野でも大きく立ち遅れている可能性があるのでMLBでは、どの程度女性が進出しているか調べてみた。

■監督・コーチ   

 フルタイムで監督、コーチとして活動している女性はひとりもいないが、短期間マイナーのコーチとして雇われる女性は出始めている。その第1号となったのはジャスティン・シーガルで2015年に秋の教育リーグで2週間コーチを務めた。第2号は今年のキャンプでコーチを務めたベロニカ・アルバレスで、女子野球米国代表チームでキャッチャーを務める現役選手だ。2人を招聘したのはともにアスレチックスだが、あくまでも期間限定であり、話題づくりの一環という感じがしなくもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る