友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

マイナーに2人いるだけの女性審判…MLBは旧態依然の男社会

公開日: 更新日:

 MLBは米国のメジャースポーツの中で最も女性の進出が遅れていると批判されている。

 NBAでは今季4人の女性審判がフルタイムで活躍しているが、MLBにはひとりもおらず、マイナーに2人いるだけ。他の分野でも大きく立ち遅れている可能性があるのでMLBでは、どの程度女性が進出しているか調べてみた。

■監督・コーチ   

 フルタイムで監督、コーチとして活動している女性はひとりもいないが、短期間マイナーのコーチとして雇われる女性は出始めている。その第1号となったのはジャスティン・シーガルで2015年に秋の教育リーグで2週間コーチを務めた。第2号は今年のキャンプでコーチを務めたベロニカ・アルバレスで、女子野球米国代表チームでキャッチャーを務める現役選手だ。2人を招聘したのはともにアスレチックスだが、あくまでも期間限定であり、話題づくりの一環という感じがしなくもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る