主砲が補強要求 エ軍マドン監督の交渉力が大谷の来季左右

公開日: 更新日:

「ファン、選手たち全員が補強のニュースを待っていると思う」――。

 エンゼルスの主砲で今季3度目のア・リーグMVPを受賞したマイク・トラウト外野手(28)が、球団フロントに戦力の上積みを訴えた。22日にMLBネットワークラジオに出演、「プレーオフに出て勝ち進みたい」と、2014年以来、遠ざかっているポストシーズン進出を来季の目標に掲げたのだ。

 今季のエンゼルスは投手陣が総崩れしたことが響いて、首位アストロズと35ゲーム差の地区4位に終わった。来季、巻き返しを期すためにも、主砲は大型補強の必要性を訴えたのだろう。

 エンゼルスは今オフ、投手陣、特に先発ローテの再建を図るため、FA市場への参戦を打ち出している。ゲリット・コール(29=アストロズからFA)、スティーブン・ストラスバーグ(31=ナショナルズからFA)らの目玉投手の獲得に動くとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る