主砲が補強要求 エ軍マドン監督の交渉力が大谷の来季左右

公開日: 更新日:

「ファン、選手たち全員が補強のニュースを待っていると思う」――。

 エンゼルスの主砲で今季3度目のア・リーグMVPを受賞したマイク・トラウト外野手(28)が、球団フロントに戦力の上積みを訴えた。22日にMLBネットワークラジオに出演、「プレーオフに出て勝ち進みたい」と、2014年以来、遠ざかっているポストシーズン進出を来季の目標に掲げたのだ。

 今季のエンゼルスは投手陣が総崩れしたことが響いて、首位アストロズと35ゲーム差の地区4位に終わった。来季、巻き返しを期すためにも、主砲は大型補強の必要性を訴えたのだろう。

 エンゼルスは今オフ、投手陣、特に先発ローテの再建を図るため、FA市場への参戦を打ち出している。ゲリット・コール(29=アストロズからFA)、スティーブン・ストラスバーグ(31=ナショナルズからFA)らの目玉投手の獲得に動くとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る