日ハム斎藤佑の現状維持更改で懸念される清宮&輝星の将来

公開日: 更新日:

 来季で10年目に突入する。日本ハムの斎藤佑樹(31)が2日に契約更改。現状維持の1600万円でサインした。今季は11試合登板で0勝2敗、防御率4・71。チームが導入した「オープナー」として起用されるなど、2016年以来の2ケタ登板となったとはいえ、過去5年でわずか2勝。苦しいシーズンが続いている。

 その斎藤を巡っては、過去に10年ドラフトで1位指名競合したヤクルトなどがトレードを持ち掛けたこともあるが、日本ハムは一貫して斎藤が活躍できるようサポートしてきた。ただ、チーム周辺には、これによるマイナス影響を懸念する声がある。

「人気、注目度が高い斎藤でなければ、とっくにクビになっていても不思議ではない。1年目に6勝したものの、その後は故障もあって鳴かず飛ばず。高校、大学時代に酷使されたことがプロでの大成を阻んだという声も根強いが、日ハムも、活躍させられないことへの負い目もあるのです。とはいえ、斎藤を大事にし過ぎていることで、人気者は球団が守ってくれて、少々結果が出なくても簡単にはクビを切られない、という“前例”を担っている。斎藤と同様、鳴り物入りで入団した清宮や吉田輝星が、もしも伸び悩むようなことがあれば、そういった思いが芽生える可能性は十分にある」

 とは、日ハムOBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る