有原まで米移籍直訴…日ハム「メジャー3A」化に不安の声

公開日: 更新日:

 西川(27)の次はエースの有原(27)だ。

 4日、札幌市内の球団事務所で行われた日本ハムの契約更改の席上、球団にポスティングを利用した将来的なメジャー挑戦を訴えたことを明かしたのだ。

 もっとも、有原のメジャー志向はいまに始まったわけではない。早大時代からメジャーへの憧れはあったし、メジャー球団も大学時代から調査してきた。

 とはいえ、先月27日には西川が米球界挑戦の希望を球団に伝えたことを明らかにしたばかり。3日には大田(29)もメジャーは夢だと公言している。

 ダルビッシュ(33=現カブス)や大谷(25=現エンゼルス)がポスティングで海を渡り、彼らに続くいまの主力選手たちまでメジャーでプレーしたいと言い始めた。日本ハムはなんだか「メジャーの3A」といった感じになってきたが、「力を持った選手が軒並みいなくならないか心配です」と、さるOBがこう続ける。

ドラフトと育成がチームの2本柱。多少、強引にポジションをこじ開けてでも素質ある選手を促成栽培、トウが立たないうちにまた新たな若手をポジションに埋め込んでいく。そうやって活発な新陳代謝を繰り返してチーム力を維持してきましたが、いまの日ハムに西川や有原の代わりが務められるような若手が果たしているのかどうか。というのもドラフトで以前ほど素質ある選手を取れなくなり、選手層が薄くなってきたからです。昨年のドラフトで取った吉田輝星や、ルーキーながらファームで14本塁打した万波中正が戦力になるのはまだまだ時間がかかりますからね。有原や西川のポスティングを許可していたら、チームはそれこそスカスカになってしまう」

 吉村GMが「(ポスティングは)無条件ではない。来年のチーム状況や彼自身の成績はしっかり見なければ」と、ポスティングの利用に二の足を踏むのはそれなりの理由があるというのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟