鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

公開日: 更新日:

「状況は厳しいな」

 さる阪神OBが顔を曇らせてこう言った。今季限りで阪神を自由契約になった鳥谷敬(38)の移籍が暗礁に乗り上げているというのだ。

 阪神の引退勧告を拒否して現役に固執する鳥谷は、去る2日に自由契約名簿に掲載された。その翌日、松坂大輔(39)の西武復帰が早々と決まったのとは対照的に、鳥谷を巡っては、何の音沙汰もない。

 9月には、阪神OBの掛布雅之氏が姫路市内で講演会を行った際に、ロッテ、DeNA、ヤクルトオリックスの4球団が候補に浮上していることを明かした。とくにロッテ、DeNAは獲得に熱心だという報道もあったが、DeNAは早々と撤退を表明。前出のOBが言う。

「ロッテは、井口監督が現役時代に一緒に自主トレをするなど、公私で付き合いのある間柄。井口監督自身も、ドラフト会議で新人を指名した後、フロントと鳥谷獲得の話し合いを行うことを示唆していた。ロッテ入りが最有力といわれとったけど、どうやらリストから外れたようや。ロッテはこのオフ、FAで美馬、福田の両取りに成功。鈴木は楽天へ移籍したが、二遊間は、中村奨、藤岡、三木らがいる。三塁はレアードが残留した。一軍で起用しようにも、守るところがないからな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る