巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

公開日: 更新日:

 プロ野球史上3番目のダウン幅だそうである。

 3日、巨人中島宏之(37)が契約更改交渉に臨み、1億3000万円減となる年俸2000万円でサイン。87%ダウンは90%の杉内俊哉(2015年=巨人)、88%の伊藤智仁(02年=ヤクルト)に次ぐ過去最大級のダウン率となった。

「(今季は)なにもできなかった。下がるのは当然のこと。またユニホームを着るチャンスをもらえたので、なんとか貢献できるようにしたい」

 そう話した中島だが、改めて驚かされるのが今季の年俸が1億5000万円だったことである。

 中島は年俸3億5000万円だったオリックス時代の18年オフに球団から年俸1億円前後を提示された。その年は77試合の出場で打率・289、5本塁打、34打点。当然の大減俸だが、本人がこれを不服として自由契約を主張。そこに手を差し伸べたのが巨人の原監督で、自らが指揮を執った09年WBC以来、公私に付き合いのできた中島の獲得を決め、「私と相性がいい」などと言って1億5000万円もの年俸を用意した。37歳になる落ち目のベテランに、いくらなんでもベラボーだろ、という声が当初から上がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る