小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

高校野球球数制限「1週間で500球」に意味はなくても大賛成

公開日: 更新日:

 来春のセンバツから「高野連が主催する大会で1人の投手の1週間での総投球数を500球以内にすること」が適用される。3年間は罰則のない試行期間。日本高野連の八田会長は「医学的な根拠はない。緩すぎるというのであれば再検討する」と語っている。

 明徳義塾(高知)の馬淵監督は「一番妥当な線」と賛成派。しかし、元巨人の桑田氏は「小手先の改革」とバッサリだ。現場の反応はさまざまだが、私は申告敬遠を含めて賛成である。

「1週間で500球」は実効性があるのか。これは甲子園大会の終盤、つまり日程が詰まってくる3回戦あたりから決勝までを視野に入れている。最近でこの規定に引っかかるのは、2018年夏の甲子園で準優勝を果たした金足農(秋田)の吉田(日本ハム)のみ。その吉田にしても、3回戦の横浜(神奈川)戦から5日間で438球。500球の制限に対し、決勝でまだ62球を投げられたともいえる。実際は中1日の3試合で各150球の投球が可能で、あまり実効性はないように感じる。ただ、いきなり厳しいルールにしては、部員が少ない公立校のハンディが大きくなる。議論が進んだことが重要なのだ。「投手を守る」という指導者の意識改革に効果はあるとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る