小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

高校野球球数制限「1週間で500球」に意味はなくても大賛成

公開日: 更新日:

 来春のセンバツから「高野連が主催する大会で1人の投手の1週間での総投球数を500球以内にすること」が適用される。3年間は罰則のない試行期間。日本高野連の八田会長は「医学的な根拠はない。緩すぎるというのであれば再検討する」と語っている。

 明徳義塾(高知)の馬淵監督は「一番妥当な線」と賛成派。しかし、元巨人の桑田氏は「小手先の改革」とバッサリだ。現場の反応はさまざまだが、私は申告敬遠を含めて賛成である。

「1週間で500球」は実効性があるのか。これは甲子園大会の終盤、つまり日程が詰まってくる3回戦あたりから決勝までを視野に入れている。最近でこの規定に引っかかるのは、2018年夏の甲子園で準優勝を果たした金足農(秋田)の吉田(日本ハム)のみ。その吉田にしても、3回戦の横浜(神奈川)戦から5日間で438球。500球の制限に対し、決勝でまだ62球を投げられたともいえる。実際は中1日の3試合で各150球の投球が可能で、あまり実効性はないように感じる。ただ、いきなり厳しいルールにしては、部員が少ない公立校のハンディが大きくなる。議論が進んだことが重要なのだ。「投手を守る」という指導者の意識改革に効果はあるとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  2. 2

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

  3. 3

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  6. 6

    トランプの寵愛を得るしか頭にないポチでは交渉にならない

  7. 7

    大臣の育休は単なる勘違いだ 制度の趣旨にかなっていない

  8. 8

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  9. 9

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  10. 10

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る