小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

12人中7人が高校生 要時間・早く台頭・大化けドラ1は誰だ

公開日: 更新日:

 17日、プロ野球ドラフト会議が行われた。1位の第1回入札は広島を除く11球団が高校生。結局、1位の12人中7人が高校生となった。

 注目度ナンバーワンの佐々木(大船渡)は、1位で4球団が競合し、ロッテに決まった。まだ手付かずの原石といった印象。少し負荷をかけたら壊れてしまいそうで、肩や肘などの故障を防ぐため、地道なトレーニングに時間をかける必要がある。最速163キロの潜在能力は凄まじい。体ができ上がった時、165キロ以上を投げるであろうとんでもない可能性を秘めている。ロッテは高卒選手のデビューを焦らないイメージがある。じっくり育ててもらえそうで、佐々木にとっては好都合といえる。

 3球団競合の奥川(星稜)は高校生としては即戦力に近い。今夏には重心を落として投げられるようになり、球にスピンが利くようになった。高校生投手が通用するかは、使える変化球があるかというのが見極めのポイントになる。奥川には一級品のフォークボールやスライダーがある。投手陣が弱いヤクルトなら、早ければ1年目の後半には一軍で出番が巡ってきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  5. 5

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る