今平は痛恨ダボ…18番パー3は今の男子プロには難しすぎる

公開日: 更新日:

 最終日は例年グリーン手前にカップが切られる。ピン上から下りのラインを残すのは、傾斜がきつくてライン読みとタッチが繊細になり、1パットで決めるのは至難の業だ。だからピン上1メートルより、花道のほうがパーセーブしやすいとさえいわれる。さらにティーイングエリアからは西日がきつくて、選手には攻めづらいレイアウトだ。

「コース設計の基本は、プレーヤーが上がりホールで夕日がまぶしくないようにレイアウトするものです。実は18番はその昔、9番だったのですが、グリーンを囲む傾斜地が天然のギャラリースタンドになるので、試合のためにアウトとインをそっくり入れ替えたのです。それにしても今季ツアーを象徴する終わり方でした」と評論家の宮崎紘一氏が続ける。

「今平が賞金王といっても勝った2試合はともに短縮試合。逆転賞金王を狙ったS・ノリスも、アマチュアの金谷拓実が勝った試合で2位になり優勝賞金4000万円をそっくり手にしたのが大きかった。そして18番パー3の体たらく。男子プロにはもっと危機感を持って奮起してもらいたい」

 男子ツアーの体裁を保つには、最終日のピン位置をもっとやさしくしないとマズいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る