羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

賞金女王争いを盛り上げた 渋野日向子「3つの魅力」とは

公開日: 更新日:

 今季女子ツアーは最終戦まで賞金女王タイトル争いが続き、例年になく白熱しました。

 2年ぶり2度目のタイトルを獲得した鈴木愛と賞金ランク3位に終わった申ジエの頑張りも大きかったが、2人だけではあれほどの盛り上がりにはならなかったと思います。やはり、日本人選手として42年ぶりにメジャーを制した渋野日向子の存在が大きく、三つ巴の争いになったことでファンの注目を大いに集めたといえます。

 渋野は人間的な魅力、ゴルフの魅力、そして将来性の魅力を兼ね備えています。ボール飛距離もさることながら、物おじしない攻め方や強気のパット、それに緊張感の中で見せる笑顔が、多くのゴルフファンを感動させました。さらに来年の東京五輪ゴルフ競技で本当に金メダルを取ってくれるかもしれない、という期待もあります。

 ただ笑顔を振りまいているのではなく、大舞台で結果を残し、技術的な強さややさしさが伝わってくるのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る