G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

公開日: 更新日:

「まさか僕がいけると思っていなかった。素直にうれしい」

 笑みがこぼれたのは、巨人小林誠司捕手(30)だ。

 9日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4000万円増の年俸1億円で更改した。

 12球団で唯一の4割台となる盗塁阻止率は・419。4年連続リーグトップの強肩が評価された一方で、今季FAで加入した炭谷、2年目の大城との併用により、出場は92試合。スタメンマスクは68試合にとどまった。先発は2017年の134試合から18年は95試合と減少の一途。打率は2年連続で規定打席に届かず・244、2本塁打、19打点に終わった。それでも大幅アップでの更改となったのには、もちろん理由がある。

 順調なら来季中にも国内FA権を取得する。実は他球団が小林の動向を注視しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  9. 9

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  10. 10

    嵐・櫻井翔が24日に都内高級ホテルで結納?怪情報が拡散中

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る