原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

公開日: 更新日:

 現在、侍ジャパンの一員として「プレミア12」を戦っている巨人の小林誠司捕手(30)は気が気じゃないのではないか。

 宮崎で秋季キャンプ中の原辰徳監督(61)が10日、打撃のいい大城卓三捕手(26)について「一塁を経験して守れるようになったが、打撃はいいわけだから捕手一本で自立してほしい」と明言したのだ。

 大城は今季、捕手だけでなく一塁も守り、主に5番打者として109試合に出場。得点圏打率・315と打棒をアピールした。捕手として30試合に先発マスクをかぶりながら、一塁で42試合、指名打者でも2試合に先発。「20本、30本(塁打)という可能性を持っている」とまで言う原監督は先日も「打てる捕手は貴重。小林も炭谷も捕手としては能力が高いけど、大城の打撃は勝るものがある。捕手としてリードは一番面白い。一番教科書にないようなリードができる」と褒めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る