山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

入会資格に特例枠…名球会は数字至上主義でいてほしかった

公開日: 更新日:

 名球会の入会資格に特例枠が加わることになった。従来の入会資格は投手200勝以上、250S以上、野手2000安打以上だったが、たとえば元巨人上原浩治が記録した日米通算100勝&100S以上のように特別な価値があると認められる成績を残した選手についてはそのつど理事会で協議し、会員の4分の3以上の賛成で資格取得が適用されるという。

 要するに、投手分業制などによって投手の入会者が減少している近年の名球会の問題に対して、ついに改革を打ち出したということだ。これなら二刀流のエンゼルス・大谷翔平も入会資格を得られるかもしれない。

 しかし、これによって失われるのは名球会ならではのシビアさだ。これまでの名球会は先述した数字ではっきり区切られていたため、どれだけ印象的な活躍をした人気選手であっても、その数字を満たさなければ入会できなかった。杉浦忠や中西太、田淵幸一、掛布雅之ら、さまざまな要因で数字の壁にはね返された名選手は数多い。いわば名球会は一切の忖度が通用しない、一切の融通が利かない、今どき珍しい頑固な団体だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る