山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

入会資格に特例枠…名球会は数字至上主義でいてほしかった

公開日: 更新日:

 名球会の入会資格に特例枠が加わることになった。従来の入会資格は投手200勝以上、250S以上、野手2000安打以上だったが、たとえば元巨人上原浩治が記録した日米通算100勝&100S以上のように特別な価値があると認められる成績を残した選手についてはそのつど理事会で協議し、会員の4分の3以上の賛成で資格取得が適用されるという。

 要するに、投手分業制などによって投手の入会者が減少している近年の名球会の問題に対して、ついに改革を打ち出したということだ。これなら二刀流のエンゼルス・大谷翔平も入会資格を得られるかもしれない。

 しかし、これによって失われるのは名球会ならではのシビアさだ。これまでの名球会は先述した数字ではっきり区切られていたため、どれだけ印象的な活躍をした人気選手であっても、その数字を満たさなければ入会できなかった。杉浦忠や中西太、田淵幸一、掛布雅之ら、さまざまな要因で数字の壁にはね返された名選手は数多い。いわば名球会は一切の忖度が通用しない、一切の融通が利かない、今どき珍しい頑固な団体だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る