韓国に完敗の森保ジャパン MF仲川の生かし方を釜本氏指摘

公開日: 更新日:

 東アジアE―1選手権(韓国・釜山)の優勝決定戦が18日に行われ、日本代表が韓国代表相手に0―1で完敗した。

 日本は序盤から左右両サイドを攻められ、1トップのFW上田以外は自陣に引きこもって防戦一方。前半28分に左サイドを崩された後、シュートを決められて先制点を献上した。後半からDF相馬が左サイドに、同16分にはMF大島がボランチに入った。さらに同32分には今季JリーグのMVP&得点王のMF仲川が投入された。しかし日本は決定的なチャンスをつくれず、0―1のままでタイムアップである。

 敗因のひとつに「MF仲川の使い方に疑問を抱いた」とは、メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏。

「彼はスーパーサブ的な使い方よりも、先発して90分間使いながら、得点とアシストを狙わせた方が能力を発揮できる」

 現場で取材した元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏は「ピッチ中央寄りではなく、右サイドに張らせてボールを受けた後、ドリブルを仕掛けさせた方が効果的ではないか?」と指摘した。

 明らかに力負けの森保ジャパン。前途多難だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る