ベネズエラに日本大惨敗…森保監督の責任論に釜本氏が言及

公開日: 更新日:

 前半8分から33分までの〈25分間〉に相手FWにハットトリックを決められた。屈辱以外のナニモノでもないが、地元ファンの前でW杯未出場国にボコボコにされてしまったのが、森保一監督率いる日本代表である。

 FIFA世界ランク28位の森保ジャパンは19日、南米ベネズエラを迎え撃った。世界ランクは26位と日本よりも上位とはいえ、W杯出場回数は日本の6回に対してベネズエラは0回。南米大陸で1カ国だけW杯出場歴のない〈格下〉だ。

 なのに試合開始と同時に日本選手はミスを連発。ベネズエラにペースを握られ、中国1部大連FWロンドンに先制点を決められると、そのロンドンに30、33分と立て続けにゴールを割られた。

 日本は後半24分、神戸MF山口のシュートで1点を返すのが精いっぱい。それも、ベネズエラDFの右足に当たってシュートの軌道が変わり、相手ゴールに吸い込まれるという締まらないものだった。国際Aマッチでは、実に65年ぶりとなる前半4失点。1―4のスコア以上の歴史的大惨敗を喫してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る