内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

キヨと元木に「原さんの後に胴上げするから」と言われ…

公開日: 更新日:

 肉体改造をして臨んだ2000年、キヨ(清原和博)は、雪のオープン戦で左太ももの肉離れで戦線離脱。開幕は二軍となり、復帰後はマルティネスと併用された。首脳陣に対して不満をモロに顔に出す場面が目立つようになり、私はそのたび、部屋に行ってキヨをたしなめた。

「ウチは勝たなきゃいけないチーム。キヨの今までの数字からすれば我慢できないかもしれない。プライドが傷つくことがあるかもしれない。でも、監督だってベストを考えてやっているんだ」

「それは分かっているんですけど……」

 そう言いながらポロポロ涙を流すこともあった。

 故障をした悔しさはもちろん、野球を始めてこれまで競争などなかっただろう。それがこの年、スタメンから外されるという屈辱を味わった。

 西武の時は負けてもとやかく言われなかった。それが巨人では「チャンスで打てなかった」と新聞に書かれ、敗因を背負わされた。大々的に解説もされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る