内藤雄士
著者のコラム一覧
内藤雄士ツアープロコーチ

1969年生まれ、東京出身。日本大学ゴルフ部在籍中にアメリカにゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。98年ツアープロコーチとして日本で活動スタート。ツアープロコーチのパイオニア的存在であり、 丸山茂樹プロの米ツアー3勝をサポート。ゴルフネットワークにて米ツアー中継の解説を担当。現在は平塚哲二プロ、矢野東プロ、伊藤誠道プロらのコーチを務める。ラーニングゴルフクラブ代表。

鈴木愛プロは下半身が微動だにしない再現性高いストローク

公開日: 更新日:

 昨シーズンは、渋野日向子プロとのデッドヒートを制して、鈴木愛プロが2017年シーズン以来、2度目の賞金女王に輝きました。

 鈴木プロも渋野プロも、歯切れのいいパッティングが特徴で、パター名手同士の女王対決だったと言ってもいいでしょう。パーオンしたホールでの平均パット数は、鈴木プロが1位なのに対して、渋野プロは2位。すべてのパット数の単純平均では、鈴木プロが2位で、渋野プロは5位です。このわずかな差が明暗を分けたのかもしれません。

 パターは300ヤードを飛ばすわけではないので、「アマチュアがプロゴルファーと対等に勝負ができるのはパター戦だけだ」と言う人がいます。それは大きな誤解です。プロとアマではパターのストロークの再現性がまるで違うのです。

 女子プロの中でも、最も再現性に優れたストロークをする鈴木プロのパッティングを見てみましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  9. 9

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る