渋野vs鈴木愛の賞金女王バトルは録画放送…LPGAとTVの怠慢

公開日: 更新日:

【大王製紙エリエールレディス】最終日

 これで最終戦がおもしろくなった。

 首位に2打差、通算13アンダー7位タイからスタートした渋野日向子(21)が6バーディー、ノーボギーの66で回り通算19アンダーで逆転優勝。ルーキーイヤーの今季は国内4勝目の快挙だ。

 この日は賞金女王を争う同じ13アンダー発進の鈴木愛(25)と同組。渋野を1打差で追う鈴木は17番パー5で、第1打が右の池につかまり痛恨のボギー。渋野は2オン狙いの打球が、グリーンから左へこぼれて池の前で止まる運もあった。

 最終18番パー4は強い雨風の中、鈴木はピン右4メートルにつけてバーディー。渋野は第1打を右ラフに入れたが、強烈な追い風とフライヤーを計算し、残り130ヤードをピン手前7メートルにつけてパーをセーブ。鈴木を1打差で振り切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る